×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

脇の黒ずみ対策専用ジェル

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
詳しくはココ

ワキの黒ずみの原因は?

お肌が黒ずむ原因は2つあります。
ひとつはメラニン色素の沈着、
もうひとつは皮脂や古い角質汚れ
などの詰まりです。

メラニン色素の沈着は、メラノサイトと
いう細胞がお肌への刺激に対して
起こす防御反応です。
ワキは摩擦やカミソリなどの物理的刺激が
多く、お肌の中でも負担をかけてしまう
部位です。しかも、ワキの皮膚は薄く
デリケートなため、お肌を守るために太い毛が
生え、メラニン色素も沈着しやすいと
いうわけです。

ここで切っても切り離せないのが、
ワキの無駄毛の処理」。
この処理方法の選択が、メラニン色素の
沈着に大きく影響してきます。
カミソリや毛抜きによる自己処理は、
肌にかかる負担が最も大きく、
黒ずみ発生のリスクが高まります。
詳しくはココ


ワキの下の黒ずみへの間違った対処法

衣服の摩擦やムダ毛処理、制汗剤の使い過ぎ
や汗・皮脂による毛穴のつまりなど、
ワキの下が黒ずむ原因は生活のなかに
たくさん潜んでいます。
ここで間違った対処をしてしまうと、
黒ずみをさらに悪化させ、より大きな
肌トラブルを招くことになりかねません。
黒ずみを「ムダ毛が残っているのでは?」
と勘違いして何度もカミソリをあてて
しまうと、過度な刺激によって
悪化しかねません。肌だけでなく毛穴にも
ダメージを与えるので、ブツブツとした
状態になるなど、さらなる肌荒れにも
つながります。

また、ワキの下の黒ずみが気になるからと
いって、スキンケア用品をむやみに使用する
のもよくありません。
刺激により、トラブルを悪化させる
可能性があります。
ファンデーションで隠すというような
その場しのぎの方法も、肌に強い刺激を
与えるため絶対にしてはいけません。

ワキの下はデリケートな部位です。
強い刺激を与えていないか、毛穴が詰まる
ような生活習慣はないかなど、
まずは黒ずみを招いた原因を見極めましょう。
そして、しっかりケアをしましょう。



使うほど
わかるこの良さ
あなたにも!

リンク集

まとめ

Twitterまとめ